専業主婦の消費者金融利用は難しい

消費者金融では、貸金業法という法律に基づいた融資を行っており、その法律の中には借り入れ限度額を定めた総量規制というルールがあります。総量規制では借り入れできる金額を借りる人の年収の3分の1までと定めており、複数の会社から借り入れしている場合にはその全ての借り入れ金額が年収の3分の1までに抑えられます。総量規制に基づいて考えると、収入のない人は消費者金融で借り入れをすることはできないということになります。

主婦の中には自分で仕事をしておらず、自身の収入がない人もいます。いわゆる専業主婦ということですが、自分の収入がない専業主婦では消費者金融の審査に通過することはできません。消費者金融の即日融資は自分の収入がなく急な出費で困ることの多い専業主婦には便利なシステムにも見えますが、実際に全く働いていない場合には使うことができないのです。

専業主婦の場合には、総量規制を受けていないところでお金を借りることが必要となります。ただし、消費者金融以外でも銀行などキャッシングを行っている業者はありますが、即日融資は難しくなるかも知れません。スピードの速い融資を求める場合にはやはり消費者金融が有力となります。